【朗報】iPadのWorkSpacesでマウスが使えるようになりました!

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」

こんにちは、AWSエンジニアの大石です。
みなさん、WorkSpaces使っていますか?私はAWSのエバンジェリストJeff Barrと同じくらいWorkSpacesが好きなのですが、いかんせんiPadでWorkSpacesを使うとマウスが使えないのがちょっと残念だったんですよね・・

と思っていたら、アップデートが。。

ん?

んんん・・・?

なんぞこのSwiftpoint Mouse Compatibilityとは・・?

さっそくググってみると、、、Bluetoothで使える小さいマウスの様ですね。

こちらの記事を見ると、なんでもiPadでも接続できるそうです。
さっそくAmazonでポチってみました。

18,000円…
お高い気もしますが、WorkSpacesでマウスが使えるなら安いもんです!

開封の儀


事前に聞いてはいましたが、やはり小さいです。これはこれでいいかも。

ペアリングしてみると・・
おお、マウスなのにiPadでペアリングできますね!
(普通のマウスはiPadとBluetooth接続はできません)

この状態でWorkSpacesを起動してみると


確かにマウスとして使えます!!

いやぁ〜、これで「iPad+WorkSpacesだとマウスが使えないんですよね〜」とは言わせませんね!
Swiftpoint Mouse自体が18,000円もするのがネックですが、そこはWorkSpacesファンにとってはお布施みたいなものと思って諦めましょう!

これで「iPadだけで仕事をする」という人類の夢にまた一歩近づきました!

今度はAppStream2.0でどうなのかを調査したいと思います。

AWSのWorkSpacesやAppStream2.0を使うと、「リモートでも安全に仕事をできるようにしたい」「古いブラウザでしか動かないWebアプリケーションを、モダンブラウザやモバイルからもアクセスできるようにしたい」といった要望をかなえることができます。ご興味のある方はぜひこちらからお問い合わせ下さい!

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」