【 Advent Calendar 2017 】re:Invent発表 AWS Systems Managerとは

re:Invent 2017 で AWS Systems Manager が発表されました。
EC2 Systems Manager との関係やどのようなサービスなのかを観てみたいとおもいます。

AWS Systems Manager概要

AWS Systems Manager はタグでグループ化されたリソースをまとめてAWS ConfigやCloudTrail、Personal Health DashBoardなどの情報を表示することが出来ます。
またEC2 Systems Managerの自動化やRunCommandをグループに対して実施することが可能です。
基本的にはこれまで別々に利用していたEC2 Systems ManagerやAWS Configをとりまとめたポータルサイトのように利用することができます。

AWS Systems Managerの新機能

AWS Systems Managerがただのポータルサイトではなく新たなサービスである特徴として、リソースグループ機能があります。
リソースグループでタグを指定することによって、EC2,ELB,EMR,Redshift,RDS,ElasticCache,S3,StrageGateWayをまとめて管理することができます。

AWS Systems Managerの設定

それでは、設定画面を見ていきます。
[管理ツール]-[Systems Manager]を開きます。
複数のサービスがありますので、まずResourceGroupingを開きます。
[リソースグループの作成]をクリックします。
特定のリソースだけを選択して管理することも出来ますし、Systems Managerに対応した全てのリソースをまとめてグループにすることも出来ます。
タグのキーとバリューを指定してグループ化条件を設定できます。
この設定を行うことで複数のサービスが稼働するアカウントで、サービス毎のリソースグループを作成することが出来ます。
ECサイトなどで、EC2とRDSとRedshiftをまとめて管理するような場合に使えるのではないでしょうか。

AWS Systems Managerでできること

出来上がったリソースグループに対してAWS ConfigやCloudTrail、Personal Health DashBoardやTrustedAdviserの内容を確認することできます。
EC2 Systems Managerのインベントリ情報やコンプライアンス情報も一覧として見やすくなっています。
基本的にはEC2マネージメントコンソールにあるEC2 Systems Managerの設定、操作項目をリデザインして
より設定しやすく配置されているものになります。
Systems Managerの自動化やRunCommandについては、EC2 Systems Managerの資料をご参照下さい。

まとめ

AWS Sysytems Managerはリソースグループ機能によって、EC2以外にも多くのマネージドサービスを一覧管理することが出来るようになりました。
さらに、EC2 Sysytems Manager をより使いやすく、設定をわかりやすくしたサービスのようです。
さらに、CloudWatchiDashBoardを表示する機能もあるようです。
今後、構築者はEC2マネージメントコンソールなどの各サービスのコンソールを使い、管理者や運用者はAWS Sysytems Managerを見るように変わっていくのではないでしょうか。
運用管理者の方はAWS Sysytems Managerを触ってみることをお薦めします。

この記事は
OpsJAWS Advent Calendar 2017OpsJAWS Advent Calendar 2017 17日目の記事です。

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」無料トライアルはこちらから

COMMENT ON FACEBOOK