AWS Premier Night #1 を開催しました!

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」
この記事は1年以上前に書かれたものです。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

こんにちは、技術1課の多田です。

2016年6月29日(水)にアマゾン ウェブ サービス ジャパン様のオフィスにてAWS Premier Night #1を開催しました。

このイベントについて

AWS Premier Night #1のイベント概要は、以下の通りです。

AWS プレミアコンサルティングパートナーである、クラウドパック、クラスメソッド、サーバーワークス(※五十音順です)の3社で勉強会を開催します。
テーマはズバリAWS! 最新情報、デモンストレーション、事例、ここでしか聞けないような濃厚な技術ネタなどなど盛りだくさんの内容です。

非常に多くの申し込みとキャンセル待ちが出た大盛況なイベントで、急遽弊社のオフィスでサテライト会場がオープンしたり、cloudpack様によるライブ配信も行われたりしました。

 

開場前の様子です。
各社の担当を確認し、準備を進めていきました。

premier-night-1

 

弊社取締役の羽柴による開会の挨拶があり、いよいよイベントが始まります。
尚、今回は弊社の発表にフォーカスした内容を記事にしております。

premier-night-6

 

当社の発表内容レポート

弊社のトップを務めたのは、技術2課の白鳥による『AWS Lambdaによる流体画像処理の並列化』の発表です。
関連のブログはこちらになります

premier-night-2

 

学生時代の研究テーマである、流体力学の研究での計算時間が長いという課題を、話題のLambdaの並列化によるアプローチを行った話になります。

 
 
続いて、技術1課の松本による『世界をもっとはたらきやすくするために、クラウドインテグレーターが実践しているちょっと未来なワークスタイル』の発表です。
premier-night-3
 
 
弊社が行っている、はたらき方や使っているツール等を組み合わせてクラウドで、はたらき方を追求していることを発表しました。
資料に登場する、Slackを使ったトイレを予約できるようになった話は、こちらをご覧ください。

 
最後に、人事の佐久間から『サーバーワークスの紹介』と題してLT発表を行いました。
premier-night-4
 
サーバーワークスの社内のことや制度、社内の雰囲気について発表しました。

 

まとめ

この記事では、当社の発表のみにフォーカスしておりますが、各社技術的にディープな話から会社の紹介の話まで幅広く発表が行われました。
エンジニアとして、このようなオープンな場で各社の取り組みを聴くことができて刺激的な夜になりました。
次回は9/16に大阪で開催されますので、お近くの方は、ぜひお越しください!

 

 

 

大阪でディープなクラウドトークが繰り広げられることになりますので、ご期待ください!

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」