とある海外出張の準備品

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」
この記事は1年以上前に書かれたものです。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

こんにちは。
今年1年をかけてワインを飲める大人の女になろう、と努力を続けているぎょりこと永淵(@Nagafuchik)です。

AWS大好きな読者の皆様は来月のAWS re:Inventに参加される方も多いのではないでしょうか。

私は、re:Inventより一足早く、9月15日〜18日の4日間サンフランシスコで開催された「Dreamforce」に参加してきました。その際に気づいた海外旅行、カンファレンス参加の際の準備品についてまとめます。
ちなみに、re:Inventにも参加したことがあるので、今年参加される方をはじめ、何かのお役に立てれば嬉しいです。

dreamforce2015_01

絶対必要(ёдё)!!

  • パスポート
  • VISAまたはESTA(米国入国の場合)の申請

あると安心(*´ω`*)

  • パスポートのコピー
  • ESTAのコピー
    => ​申請済みの方は有効期限が確認できるこちらのページのキャプチャやコピーがあると安心です。
  • 航空券、ホテルの情報が記載された一覧

    => コピー類はスマホに保存しておくも良い方法ですが、電源が切れると身動きがとれなくなりますので、紙で一部ずつ持っておくことをお勧めします。

あると便利ヽ( ・∀・)ノ

  • サングラス
    => re:Invent会期中は日中帯に会場ホテルから出ることがほぼありませんので不要かもしれません。が、日中帯に外に出る場合はほぼ必須です。お目目が痛くなります。
  • 目薬
    => 上記と同様に、目が乾きますので普段使いの目薬がある方は持参すると便利です。
  • 常備薬
    => 突然の何かに襲われることもあります。常備薬は持参しましょう。
  • UVカット付きのリップ
    => 男女ともにあると便利です。無いと唇が乾きまくって笑いながら唇が割れます。
  • 水筒かペットボトルホルダー
    => 同様に非常に乾燥しており、水分補給が欠かせません!
    => こういうの、便利です: http://www.amazon.co.jp/dp/B00IZ8MH14
  • お手拭きシート
    => おしぼり文化は日本が誇る文化です。「お手てを常に拭きたい!」そんなあなたはお手拭きシートがあると便利です。

これ"マメ"な(°ω°)!

機内手荷物

  • ペン
    ​=> 飛行機機内で入国審査用紙の記入が必要です。無ければ貸してもらえますが手元にあると焦らずに済みます。
  • スリッパ
    => 足がむくむのでその場に捨てられる、または折りたたみの機内用スリッパがあると便利です。折りたたみのスリッパだと、現地宿泊部屋内でも使えます!!
  • 歯ブラシセット
    => 半日以上機内にいながらに飲食をするので、機内で歯磨きができると口がスッキリします。

現地生活

  • 寝間着と室内スリッパ
    => 日本の旅館のように浴衣はありませんので、寝間着と室内用のスリッパなどがあると便利です。

この他は国内旅行のときと同様でOK!
タオル類はホテルにありますので安心してください。

乾燥に伴うクリーム類、トリートメントもあると良いでしょう。髪のトリートメントは水が違うせいなのか、日本にいるときほど効果を発揮しませんのでお気をつけください。
個人的には顔を含めた全身に使える「NIVEA」を心の底からオススメします。(※ニベア最強説

 

服装:-)8>

機内

  • しめつけない格好

    • 足がむくむので、靴は余裕のある靴がオススメです(女性の方はパンプス、男性の方は革靴など、はオススメしません)

現地生活時

  • 羽織もの

    • どこに入っても冷房が強いので、サッとはおれるものがあると便利です

      • 私はストールを1つと、コンパクトになる且つ水をはじく素材のウィンドブレーカーを1つ持って行って重宝しました。少しの雨でも傘いらず!
  • よそ行きの服

    • 通常時はジーパン+TシャツでOK。ですが、たまにドレスコードが定められているお店があります。「ドレスコードを満たしていないので入れない」なんて機会損失はイヤ!そんなあなたは一着ドレスコードに見合う服を持参することをオススメします。

      • 男性: ジャケットと革靴またはそれっぽく見える紐靴があれば大丈夫!
      • 女性: ワンピース一着とパンプスが1つあれば大丈夫!(ヒールは無しでも大丈夫なことが多いです)

 

トランクケース[ ‘ω’ ]

私は現地洗濯+圧縮袋のちからを借りて、40Lぐらいのトランクで臨みました。今回も以前も十分でした!
お土産をたくさん買う方は60Lぐらいが安心です。

トランクの選び方はちきりんさんのブログが非常に役に立ちます。
「フタ型 ソフトスーツケースの勧め – ★ちきりんセレクト★ (id:Chikirin+shop / @InsideCHIKIRIN)」
 http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+shop/20140515#p1

また、古くなってきた肌着やシャツを持って行き、現地で捨て、あいた隙間にお土産を詰めこむ、というエコなのかエコじゃないのかわからない手段もお勧めです。

 

最後に

「Hi!!」から全ての会話をスタートできます。会話に困ったときは「私は日本から来たよ!」って言うと日本好きの方とは会話が盛り上がります。日本好きな海外の方は多いのできっと大丈夫。
また、ずっとスマホをいじるより、景色を含めてキョロキョロするといろんな出会いや発見があると思います!!

ENJOY 海外ライフ!

アイキャッチ画像はこちらからお借りしました: https://flic.kr/p/7SXFXM

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」