ZabbixによるMS SQL監視 ~ODBC監視機能の解説~

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」
この記事は1年以上前に書かれたものです。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

Zabbixでのデータベース監視と言えば、プリインストールのテンプレートでも監視できるMySQL監視が有名ですね。

どうも著者のくりゅうです。
さて今回はZabbixの解説本でも一部は説明があるもののいまいち使い方がわかりづらいであろう
ODBC監視、データベースモニタの使い方について解説書を作りましたのでご紹介します。

 

Zabbixのアイテムの中にある「データベースモニタ」これはODBC接続を用いて任意のデータベースに接続をし、その中で指定されたSQLクエリを実行してその結果を取得する機能になります。

こう聞くとなにかと夢が広がる機能なのですが、実際にはZabbixのフロントエンドからの設定だけで完結するわけではありません。ZabbixServerがデータベースに接続するためのODBC-DSNの設定が必要になります。

またこの機能でMS SQL Server を監視しようとする場合はODBCドライバとしてTDSの設定が必要になります。

具体的な設定方法はこちらの資料にまとめましたので是非ご覧ください。
 

この設定を使えば、Zabbixからいろいろなデータベースが監視できるようになりますね。

Zabbixでお悩みの際は是非サーバーワークス、@qryuu にご相談ください。

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」