AWS re:Invent 2014参加ツアーがスタートしました

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」
この記事は1年以上前に書かれたものです。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

こんにちは。 何度も言うけど三度の飯よりビールが好きなセールス "ぎょり"こと永淵(@Nagafuchik)です。

皆さんは、3年前より開催されている年に1度のAWSのグローバル・カンファレンス「AWS re:Invent」をご存知ですか? ラスベガスで開催されるこのカンファレンスでは、実践ワークショップや技術セッション、事例セッションなど多岐にわたって全200ほどのセッションが開催されます。 

 

なんて楽しそうなんだ・・・!

 

ただ、「ラスベガスにひとりで行くのはちょっと不安・・・」という方も少なくないはず。そんな方にオススメなのが、アマゾンデータサービスジャパン様が日本AWSユーザー向けに用意してくださっているこのツアー!

AWS re:Invent 2014 参加ツアー

今日は、re:Inventのイベントはもちろんですが、このツアーに参加することで、USを満喫しつつ、多くの日本のAWSユーザーと接点がもてる!というメリットだらけのこのツアーの楽しさを伝えたいな、と思っています。

全3つのコースが準備されていますが、中でもCコースではシアトルを満喫してからre:Inventに参加することができます。

初日、成田空港での結団式からツアースタート!

結団式

成田空港でツアー参加者が一同に集まり、結団式をします。

ツアーには旅行会社の方が同伴してくださるだけでなく、多くのAWSの中の方が出発から帰国まで、付き添ってくださるので安心!

Cコース結団式

観光

ボーイング工場見学

boeing

ちなみに、無料でこんな合成写真をつくることができます!ぜひ皆様もお試しあれ。

boeing02

 

ワイナリー見学 

ワシントン州で最も古くからあるというワイナリー「Chateau Ste. Michelle」に見学に行きました。

ワインの生産方法やぶどう農場のお話を伺うことができ、更に、白と赤のワイン全4種のテイスティングまで楽しむことができます。

Chateau Ste. Michelle

おいしい食べ物

シアトルはシーフードの産地!

シーフードマーケットでクラムチャウダーを楽しんだり、お約束!の「スターバックスコーヒー 1号店」に立ち寄ったり、おいしいづくしです。

ちなみにツアーでは、「Ivar's Landing Mukilteo」という老舗の大人気店での食事もついてきます!美味しいだけでなく、テラスでカモメにえさをあげるなんてことも体験できます。

publicmarketyummy

 

こんな楽しいツアーをしながらユーザー同士でAWS談義、ユーザーならではのあれこれ、普段は聞きづらかったけど聞いてみよう!何てことも聞くことができ、満足度いっぱいです。ぜひ皆さんも来年はご参加を( ´∀`)人(´∀` )

 

明日のお知らせ!

明日はシアトルにある、AWSの本社に訪問し、AWSサービスの開発者の方々にお話を伺います。

引き続き、re:Inventツアー レポートをお楽しみに☆

 

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」