中二病でもAWSが使いたい

この記事は1年以上前に書かれたものです。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

皆さんこんにちは。舘岡です。 僕はあまり深夜アニメやライトノベルには詳しくないのですが、最近、巷では中二病という病気が流行っているようです。 中二病とはこの時期になると流行する風邪のような病気なのでしょうか、外から帰ったら手洗いうがいを心掛けた方が良さそうですね。 得体の知れない病気から体を守るには病気を知る事が必要な気がしたので、業務として中二病について調べてみました。

中二病?

僕が絶大な信頼を寄せるWikipediaにはこんな説明がありました。 中二病 - Wikipedia 〜引用〜 中二病(ちゅうにびょう)とは、中学二年生頃の思春期の少年少女にありがちな自意識過剰やコンプレックスから発する一部の言動傾向を揶揄した俗語である。名前に中二と付くが中二限定という意味ではなく大人にも使われる。「病」という表現を含むが、実際に治療の必要とされる医学的な意味での「病気」または「精神疾患」とは無関係である。 症例として不思議な・超自然的な力に憧れ、自分には物の怪に憑かれたことによる、発現すると抑えられない隠された力があると思い込み、そんなすごい力がある自分を格好いいと思い込んでいる。また、そういった設定のキャラクター作りをしている。 〜引用〜
また、Wikipediaと同じくらい信頼しているアンサイクロペディアにはこんな説明がありました。
中二病 - アンサイクロペディア 〜引用〜 正式名称は、発症しやすいと言われている中学二年生からとった、中学二年生症候群(ちゅうがくにねんせいしょうこうぐん、英:EGS, Eighth-Graders Syndrome)とされており精神医学用語の一つとして使われているが、一般的には中二病(ちゅうにびょう)で定着している。また、厨二病と表記されることもある。 症状が自然に完治するまで、2~600年ほどかかる可能性がある。また、治った後でも、症状がひどかった場合は残り末代までの恥となってしまう。 〜引用〜
どうやら体に害のある病気ではなさそうですが大人にも発症するようです。 しかも発症すると完治までに時間がかかったり、後遺症が残る事があるようです。 非常に恐ろしい病気であることが判明しました。 と、長々と前フリを書いてきましたが、今回は中二病なあなたにも分かりやすくAWSをご紹介します。

悪魔との魂の契約(AWSへのサインアップ)

闇の力を使う為には悪魔との魂の契約が必要になります。 まずは契約に必要な - 黒魔術台 - 悪魔に渡す名前 - 思念増幅糸 - 契約者の血 を揃えます。 必要なものを揃えたら精神を落ち着かせ、満月の夜に契約の呪文を唱えましょう。 『我、汝と契約する者。我に耳を傾け、この血、この名前をもってその術を我に与えよ』 この呪文の詠唱が正常に完了すると、あなたの目の前に魔王の使いが現れます。 魔王の使いはあなたが魔術を使いこなせるか質問をしてきます。 危険とは知りながら、僕もこのブログの為に悪魔と契約手続きをしてみました。

魔王の使いからの質問(AWSへの情報登録)

契約に必要なものを揃え、契約の呪文を唱えると以下のような景色が脳内に直接入り込んできます。 魔王の使いはあなたの行動を見ています。 落ち着いて、魔王の使いにテレパシーを使って話しかけます。 魔王の使いが問いかけに応えると、契約の名前を聞いてきますので落ち着いて答えて下さい。 魔王の使いに名前を伝えると、闇の世界での名前を決める事が出来ます。 闇の世界でのあなたの名前を伝え、魔王との血の約束を決める事で契約が進んでいきます。 魔王の使いからの質問は続きます。 あなたの闇の名前、現世で所属している魔術組織、約束の地、悪魔の声を聞く耳を答えます。
あなたの潜在魔力が足りなかった場合、魔王の使いは魂の契約を止めてしまいます。
魂の契約はあと少し。 魔王の使いは契約に必要なあなたの血を要求します。 正確には血を使わせる事を許可しないといけません。 魔術を使うにはそれなりの代償が必要なのです。 以上で魂の契約は締結されました。 これであなたの邪王真眼は目覚め、闇の魔術や召喚魔法、並行世界との行き来が可能になりました。

いでよ!!ダークエルフ!!(EC2の使い方)

世界を暗黒の炎で埋め尽くす第一歩として召喚魔法を覚えましょう。 あなたの世界征服を手助けするのがダークエルフ。 ダークエルフはあなたの手となり足となり、この世界を暗黒の炎で埋め尽くす事でしょう。 ダークエルフを召還するには地面に魔法陣と魔術を書き込むか、召喚魔法を詠唱する必要があります。 試しにダークエルフを呼び出す召喚魔法を唱えてみましょう。 『いでよ!!ダークエルフ!!』 失敗しましたね。 これはあなたの魔力が足りないわけではありません。 ダークエルフを召喚するには魂の契約宣言、呼び出す属性や数、呼び出す主となるダークエルフ名、呼び出す場所を指定するなど、後述詠唱が必要です。 それでは改めてダークエルフを正しい詠唱方法で召喚してみましょう。 後述詠唱の順序には決まりがありません。 『我、この血の盟約を以って汝を呼ぶ。闇の中の闇、ダークエルフ王アルゼディウスの名において命ずる。小さな闇、すみやかに、この場に、いでよ!!ダークエルフ!!』 いかがでしょうか。 召喚魔法は詠唱後に少しの時間が必要です。ダークエルフも平行世界からこちらの世界に来るのに準備が必要ですからね。 ダークエルフを呼び出すと代償としてあなたの血が少しずつ奪われます。 恐ろしい事にダークエルフの王すらも呼び出す事が出来ます。 『貴様、なかなかやるな。本当はまだ隠しておきたかったんだが...仕方がない。くらえ!うおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉ!!』という奥の手を出す時にはダークエルフの王を呼び出して相手に圧倒的な力の差を見せつけてやりましょう。 もちろん、代償となるあなたの血が大量に吸い取られるのでご注意ください。 ダークエルフは一度召喚するとあなたの命令があるまで全てを破壊し続けます。 『クッ...!血が足りねぇ...!!』という場合には次の魔法でダークエルフを地獄に戻します。 『我、この血の盟約を以って汝を闇に還す。去れ!!ダークエルフ!!』 これでダークエルフは地獄の底に帰っていくはずです。 大量のダークエルフを一度に呼び出す事も可能ですが、あなたの体から血はどんどん抜かれ、死に至るという事を忘れないで下さい。

エターナルフォースブリザードォ!!(S3の使い方)

闇の魔術はまだ全てが解明されている訳ではありません。 ここではそんな魔法の一つ「エターナルフォースブリザード」を紹介します。 エターナルフォースブリザードは地上にある万物を凍らせ、平行世界に吸い込んでしまう恐ろしい魔法です。 その平行世界に吸い込まれると術者が指示をするまで時間という概念の無い平行世界を彷徨い続ける事になります。 恐ろしい魔法ですが使い方次第ではダークエルフを平行世界に閉じ込めたり、手に入れた魔具を保存しておく事が出来る便利な魔法です。 魔法陣と術式を書いてエターナルフォースブリザードを使う事も出来るのですが、魔具の一つである"絶望の指輪"を媒体として使うとより素早く魔法を使う事ができます。 絶望の指輪は忘却の大陸ヤームのどこかにあると言い伝えられています。 運良く絶望の指輪を手にした者は次の呪文を詠唱するだけでエターナルフォースブリザードが発動すると言われています。 『すべての理の彼方、闇を集めて輝け。エターナルフォースブリザードォ!!』 瞬く間に平行世界への扉が開かれ、あなたの目の前のものが全て吸い込まれていくことでしょう。

この光は...まさか...バカなぁああああああああ!!!!!(まとめ)

いかがでしょうか。 中二病患者のあなたやあなたにも分かりやすく翻訳してみました。 これでAWSのハードルがグッと下がりましたね。 あ、いや、ボス、何度も言ってるじゃないですか。冗談ですよ、冗談。そんなに怖い顔しないで。

光がある限り闇もまた存在する...(あとがき)

正直なところ、日本語を日本語に翻訳するのがこれほど辛いものとは思いませんでした。 本当はCloudFormationとか紹介しかたったのですが力尽きました。しんどい。 僕自身も「伝説の...」とか「ギリシャ神話に出てくる...」というフレーズは大好き大好物なんですが、会社のネタブログとしてはキツイものがありました。 事実、今回のブログ執筆開始からリリースまで約1ヶ月程時間を要してしまいました。 全体を通して表記揺れどころか心が揺れて何を書ききったのか良く分からないけど不思議な高揚感に包まれています。 次回は何をテーマにブログを書こうかなー。

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」無料トライアルはこちらから

COMMENT ON FACEBOOK