RightScaleを試してみました。

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」
この記事は1年以上前に書かれたものです。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

こんちには!サーバーワークス柳瀬です! 弊社ではCloudworksというAmazon EC2を少し便利に使う事が出来る管理サービスを提供しておりますが、同じようなクラウド管理サービスはたくさんあります。先日RightScaleというAmazon EC2をメインとしたクラウド管理サービスを触ってみたので簡単にレポートしたいと思います。 RightScaleは有料版と無料で使用出来るものがあり、今回触ってみたのは無料版です。 ちなみに価格表を見るとFreeEditionで出来ることはやはり限定的となります。 RightScaleを使用するにはサインアップする必要があり、サインアップには以下のものを登録します。

  • 氏名
  • Email
  • 住所
  • 組織名
  • RightScaleにログイン
  • AWS Account Number
  • AWS Access Key ID
  • AWS Secret Access Key

その他いくつかの質問事項がありましたが、サインアップは簡単です。AWSのサインアップのように本人確認の電話などもありません(笑) 実際にログインしてみると無料版でも以下のようにAWSの基本サービスはRightScaleから操作できるようです。

  • EC2(インスタンスの起動や停止など)
  • S3(管理用ブラウザ)
  • ELB(ロードバランサーの起動、削除、インスタンスの追加)
  • EIP(EIPの取得、割り当て、削除)
  • RDS(インスタンスの起動や停止など)
  • インスタンスへの名前付け
  • インスタンスへのタグ付け
  • イベント情報をRSSで取得

また、RightScaleはAmazon EC2以外にもRackspace CloudやEucalyptusなど他のクラウド環境も管理出来る点は素晴らしいと感じました。 Rackspace CloudユーザーはアカウントとAPIのパスワードをRightsScaleに登録するだけで簡単に操作が出来るようになります。 インスタンスへの命名、タグ付けも出来るので、Amazon Management Consoleより管理しやすい印象を受けました。 料金の見積もり機能もあるので、必要以上の料金が発生していないか簡単に確認する事も出来ました。 ただし、管理画面が英語表記である事と機能が豊富な半面、少しだけ管理画面の作りがゴチャゴチャしてて分かりにくいかなと感じました。 個人的にはもう少しシンプルな作りが良いですね(汗) 弊社で提供しているCloudworksは日本語操作も可能ですし、シンプルで分かりやすいインターフェースなので、普段の管理はCloudworksで行い、サポートされていない機能についてはRightScaleで補うという運用が出来そうです。
【Cloudworksの画面イメージ】 【Cloudworksの機能一覧】 Amazon EC2やその他クラウドサービスを管理するようなアプリケーションはたくさんありますが、『これだけ使えばOK!』というものがないのが現状のようです。色々なアプリケーションを組み合わせて便利に使うといいう工夫が必要ですね。

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」