こんにちは、大石です。

早いもので今年も12月。サーバーワークスのアドベントカレンダー初日を迎えました。

今年もAWSが主催するワールドワイドカンファレンス “re:Invent 2016” がラスベガスで行われており、このブログもラスベガスの会場から書いております。

ここで毎年、AWSのパートナーランク最上位である「プレミア コンサルティング パートナー」の発表が行われるのですが、当社も2017年のプレミアパートナーに認定されました!

Premier Partner in 2017

パートナーの成長についてもいくつかユニークな数字が発表され、

  • Fortune 100社のうち90%以上がAPNパートナーを使っている
  • MSP認定パートナーは年間130%成長している

といった事実が紹介されました。

一般的に「米国では自社で開発・運用を行うのでSIerに頼む習慣がない」と言われますが、現実的にAWSのサービス規模と顧客がAWSに期待する効果から考えると、米国の企業ですら、自社でAWSのエンジニアを採用したり育成したりするよりも、AWSパートナーに頼んで早くクラウドトランスフォーメーションを進めよう、と考えていることが分かります。

日本からも新たにNTTデータ、NECの2社がプレミアコンサルティングパートナーに加わり、AWSとしてもエンタープライズ用途での利用拡大に期待していることが窺えます。私たちは2009年から エンタープライズグレードのお客様にAWSを効果的にお使い頂くサポートを専門で行ってきた 知見を活かし、これまで以上のスピードで、事業の拡大とお客様に提供できるサービスの質・量のアップを図って参ります!

現地時間の11月30日にはAWSのCEO アンディ・ジャシー氏によるキーノートスピーチも行われ、AI, IoT, ビッグデータ分野でそれぞれAWSらしい、ユニークなサービスの発表がありました(個人的にはRekognition, LEX, Greengrass, Athenaに注目しています)。

発表の内容については、当社の技術ブログでこれからレポートする予定になっているほか、大阪では R3さんと共同でre:Invent解説イベントを行うなど、各種イベントを通じて皆様にもお伝えする予定ですので、ご興味のある方はぜひこちらもご覧下さい。

AWSの成長は本当に驚くべきスピードで、2016年もYoYで55%成長とのこと。売上1兆円の企業が50%以上の成長を達成しているということも驚きですが、これだけの規模で拡大している場所でビジネスができることは、当社にとっても、当社ではたらくエンジニアにとっても大きなチャンスと言えます。会社にとってはもちろん成長と発展が見込めますし、エンジニアにとっても、新しいサービスやイノベーションが起きている爆心地の近くで仕事をすることで、より早く新しいサービスに触り、技術力を磨く機会が継続的に存在することになります。

これからもこの 恵まれた環境を活かし、成長にコミットして、そして私たちの「クラウドで、世界を、もっと、はたらきやすく」というビジョンの実現に邁進していきたいと思います。

これからも応援のほど、どうぞよろしくお願い致します!