こんにちは、大石です。

2012年のブログにも書いてある通り、「東京オリンピックの際には全社で2週間の有給を設定する」と宣言しておりましたが、このたび正式に制度化して発表できる運びになりましたのでこちらでお知らせします。

  • 当社社員は、東京オリンピック・パラリンピックの期間中(2020年7月21日〜9月11日)に10日間休暇を取得します
  • このうち、5日間は先の労働基準法の改正(働き方改革)で可能になった「有給休暇の時季指定」により会社が指定することとし、残り5日間はこの期間に限定した特別休暇を付与します
  • 東京オフィスに勤務する社員の、オリンピック開催中における勤務については、原則リモートワークとします
  • 当然、上記以外にも通常の有給休暇等を任意に取得することができます

 

こうした取り組みのねらいは、以下の通りです:

  1. オリンピックが東京で見られるのは(恐らく)一生で最初で最後。この貴重な体験を、家族や友人知人、パートナーと一緒に過ごすことで、かけがえのない思い出を作って欲しい
  2. そもそもオリンピック期間中は交通機関の混乱も予想され、移動もままならなそう。円滑に業務を進めることが難しいのであれば、むしろ業務効率の観点でお休みにしてしまい、生産性の低下を防いだ方が良い
  3. 私たちが大切にしている考え方 “Disagree and Commit” を体現したい。オリンピックの開催自体にいろいろな意見はあると思いますが、「やる」と決まったものにはみんなでコミットして成功に導く、という考えを体現したい

 

もちろん、この期間中もお客様にご迷惑をかけることが無いよう、十分に配慮し体制を組んで参りますが、このような狙いでお休みを取ることについてぜひご理解とご協力を頂ければと思います。

そして私の願いは「同じように考えて同じようにお休みを取る会社が増える」ことです!これをご覧になった方は、ぜひダメ元で会社の人事・上司に当社の取り組みについて話してみて下さい。

そして、ぜひ皆さんで一緒に、この一生で一度の機会を楽しみましょう!